ノクターンなWEB小説とアニメと昔話

アニメとノクターンノベルズとその他ネタ

VTuberは共同幻想の中で生きている

Twitterを見ていると,音楽系VTuberの魂の人が生身の体で映っている音楽イベントの動画を魂の人がこういうことやっているよみたいな感じで上げている人がいて複雑な気持ちになった.

音楽でラリっているので,公の場に出してしまったのかもしれないけれど ,素面でやっているなら本人が公然と発言していない以上(多分そう) デリカシーのない行動に違いない.

関係者なら分かってしまうのだろうけれど,そこは黙っていてほしかった.

VTuberは共同幻想の中で生きていて,その幻想は意外と強固なものではない.ファンを選ぶことは難しいが,もしもこういうことをする人がたくさんいるようだといつ後ろから銃で撃たれるかわからないことになる.致命傷ならば,VTuberさんが思い描いていたはずのプランが全て崩れることになる.こうしたイベントへお忍びで参加すること自体も難しくなる.

委員長とか多分制約がありつつも魂サイドでも自由にやれているのは周りの理解がある方だからだろうし,こういったことが横行するとそれらは無理になる.

VTuberの魂をやっている人 (特に女性) が公になるのは,好きなVTuberさんであるほど心への衝撃が強い.公になるだけではなくて,恋愛事情とかだとよりダメージが大きい.これは結局私が女性VTuberに対して処女信仰を抱いていることの証拠なんだろうな.もちろんそれだけではなくてリアルが好きではなくてバーチャルを好んでいる自分への勝手な裏切りを感じることなども含まれている.

近い概念としては,女性声優さんに恋人発覚などだろうか.

私は報道の自由をかたって,芸能人やスポーツ選手なんかのスキャンダルを記事にする人間は大嫌いだ.今回の事例もは同様にVTuber自身がコントロールできない要素によって幻想が崩されるのは辛いなあと思った.

お前のガチ恋度を下げればいいじゃんというのはもっともで,ガチ恋を拒否しているVTuberさんもいる.珍しいけれど.まあ実際のところガチ恋だから過剰反応したというわけではなくて,感情がある状態から別の状態へと強制的に変化させられたのが今回起こったことで,ガチ恋じゃなくとも好き度合いが強ければ強いほどどうしようもないんじゃなかろうか.

VTuberが生きていくために必要なこと.バーチャル世界という共同幻想が存在しつづけること.